『News』ヤンゴン証券取引所取引減少

ヤンゴン証券取引所での株式取引が先週より減少してることがわかった。先月のミャンマーティラワホールディングスの株式上場に伴い一時取引数と株価が上昇していた。先々週の成約株式数は20万件、総額100億チャット(約10億円)だった。しかし先週は成約株式数70,000件、28億チャット(約2.8億円)と75%ほど減少した。6月3日金曜日のFMI社の株価は最高値27,000チャット、最安値25,500チャット、終値27,000チャット、ティラワホールディングスの株価は最高値59,000チャット、最安値56,000、終値59,000チャットだった。ヤンゴン証券取引所の平均株価は910.76だった。

The Voice 04062016
日本語・ミャンマー語翻訳 編集:YellowLink
https://yellowlink-myanmar.com/